長野市長へ「要望書」を提出してきました

昨日、長野市長様から懇談のお時間をいただき、当連盟より「要望書」を提出してまいりました。その中には、先日加盟園保護者アンケートにて集約した「保護者の生の声」も含まれ、『子どもを産み育てやすいと実感できる都市「ながの」の創設』を強く要望しています。懇談会には、行政からは所管部署であり日々我々加盟園を支えていただいております子ども未来部長様、そして子どもの発達を外部から支えていただいている長野市保健所長様、長野市議会からは当連盟顧問を務めていただいております寺沢議員(市議会議長)様、松田光平議員様、西脇かおる議員様もご同席くださいました。特に保護者からの「生の声」を集約したアンケート結果には早速ご興味を示して下さり、要望書をお読みになりながら頷かれている様子もうかがえました。私学に対するオムツ処分費用の助成については、その場で顧問議員様から「私共も賛成の立場である」と市長へお伝えいただくなど、当連盟の要望に対して政策実現のためご尽力いただけそうなことをはっきりと感じることができました。

いつもながら、長野市長様はじめ所管部署である子ども未来部様、そして顧問議員様には心から感謝申し上げます。

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。